2016/10/06

ウインドウ

写真はいつもその時代の「今」しか撮れないが、その「今」を最も象徴する被写体としてウインドウは気になる存在だ。